消費者物価指数(CPI)は、デフレに負けない?ことをあらわします。

緩やかな、インフレがのぞましい。

〜消費者物価指数(CPI)における新指数の公表
開始及び公表資料の掲載見直しについて〜
(総務省統計局 2017年1月27日)

『政策判断等の基礎となる消費者物価の指標は
家計の
消費全体に占める割合が大きく、より総
合に近いものが望ましいと考えられます。

今回公表を開始する『生鮮食品及びエネルギー
を除く総合』が「総合」に占めるウエイトは約9
割となっています。また、物価の基調を適確に見
るには一時的な要因や外部要因を除くことが有用
と考えられます。

生鮮食品は天候要因で値動きが激しく、エネルギ
ー関連品目(ガソリン、電気代等)は海外要因で
変動する原油価格の影響を直接受けることから、
これらを除く指数は物価動向のより適確な把握に
有用です。』

CPI(消費者物価指数)いろいろ

物価の平均的な変動をはかることを目的に全国の
世帯が購入したモノやサービスの価格を指数化し
たものが消費者物価指数(Consumer Price Ind
ex)です。

日本の場合単にCPIとは①の「総合指数」を
指し、②の生鮮食品を除く総合指数を
コアCPI、そして③の生鮮食品及びエ
ネルギーを除く総合指数をコアコアCPI
呼んでいます。

また、「日銀版コアCPI」と呼ばれる、総務省
のCPIをもとに、日銀が独自に試算した天候や
市況など外部要因によって価格変動が大きくなり

やすい生鮮食品とエネルギーを除いた、物価指数
も最近では、注目されています。

いずれにしても、CPIとくに、コアコアCPIや日銀
版CPIがデフレかインフレ基調になりつつあるかの
目安になります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る