デフレは悪である。デフレは終わったのか?

デフレは、悪である。

3月31日に発表された、2017年2月の
完全失業率は2.8%
と前月に比べ0.2%
低下と3%をきり、就業者数、雇用者数
はともに増加基調を維持しています。
(総務省統計局)

マスコミを巻き込む、与野党の対立が
何やらよからぬ方向にいきそう?でも、
安倍政権の支持率が、下がらないのは、

批判はあるものの『アベノミクス』に
対する、評価が高いことに関係してい
るためと思われます。

”アベノミクス”の狙いは、何と言って
も、デフレ経済からの脱却にありまし
た。消費者物価指数(CPI)を2%程度の
プラスにもっていくことで、

(日銀の黒田総裁との強力タッグで)
緩やかなインフレの実現させ、日本経済
の回復を目指してきました。雇用が増え、

失業率が改善されてきていることは、
実感できるところまできていますが、
重要な経済指標からは「デフレからの脱
却」には、まだまだといったところです。

CPI(消費者物価指数)に注目

CPI(消費者物価指数)は、インフレの基
本指標として、常に市場の注目となります。

その内訳は、食料、住居、光熱、水道や交通
通信教養娯楽など、10大費目別にウェイトさ
れています。

この数字も、総務省統計局から毎月発表さ
れ、東京都と全国ベースの当該月の数字が、
翌月末の金曜日を目安に発表されます。

例えば、3月31日に発表された、2017年2月
の全国CPI(2015年基準)は、

①総合指数は、2015年(平成27年)を100
として、99.8。前年同月比は、0.3%の上昇。
前月比(季節調整値)0.1%の下落。

②生鮮食品を除く総合指数は99.6
前年同月比は0.2%上昇。
前月と同水準(季節調整値)

③生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数
は、100.3前年同月比は0.1%上昇。
前月と同水準(季節調整値)

のようなかたちで、発表されています。
関連記事はこちら↓
経済成長とは

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る