確定拠出年金 Q&A 40(番外編 積立NISAとは)

積立は、日本人に合うかも。

Q.40
NISA(ニーサ 少額投資非課税制度)の積立版がはじまると
聞きましたが、いつからのスタートですか?またどんなメリットが
あるのですか?

A.40
2018年1月から、「積立NISA」がはじまります。すでにスタートし
ている現在のNISAは、非課税期間が5年間となっていますが、積立
ニーサでは、非課税期間が20年まで拡大され、長期の資産形成のた
めの制度として、金融庁の肝いりで創設されました。

税制優遇は、もちろんのこと、コスト意識が徹底された「積立NISA」
が、開始までの間に少しずつ注目度合いを高めていくものと思われま
す。

金融庁の考えでは、「積立NISA」の対象となる投資信託に
・販売手数料無料
・信託報酬が一定割合以下

などの厳しい条件を設けています。少しでも、個人の利用者がいい環
境で、資産運用ができるようにという、願いが込められていますが、
その厳しい条件をクリアできている、日本の公募株式投資信託は50本
程度しか、現時点ではないと言われています。5,400本以上の投信があ
るのにもかかわらずです。

金融庁の本気度合いが、わかる「積立NISA」ですが、DCとの比較を
しながら今後解説していく予定です。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る