確定拠出年金 Q&A 41(米国の年金事情⑤)

日本人が、リスク嫌いの運用ヘタだと誰が言った?

Q.41
米国401(k)では、投資信託等のリスク性運用商品を選択する
人の割合がやはり高いのですか?

A.41
米国では、初めて投資信託を購入したのが、401(k)プランな
どを通じて、だったという人が多くいます。投資信託を保有
する家計のうち、職場の確定拠出型年金経由で初めて、投資
信託を購入したと人の割合が、6割近くになったというとい
う、調査結果があります。また、

401kでは、株式ファンド(株式を投資対象とする投資信託)
の割合が、40%ほど、つづいてバランスファンド(株式、
債券などの資産に一定の割合ずつ投資する投資信託)が
20%程度になっているようです。

それに対して、日本の確定拠出年金では、元本確保型である
定期預金が40%以上、保険商品13%、元本確保型以外の
投資信託の中身は、国内株式14%、海外株式7%、国内債券
7%、海外債券5%そして、バランスファンドが11%程度とな
っています。(*数字は概算。大手運営管理機関受託銀行の20
14年3月末より)

米国の株式ファンドとバランスファンドの合計が、60%を
超えているのに対し、日本のそれは、32%程度。(国内株式
+海外株式+バランスファンド)米国に比べ、ものたりなさ
を感じるかもしれません。でも、思いだしてください。

米国といえども、1990年代の前半までは、元本確保型の安定商
品が主流だったという歴史があったのです。米国株式市場のITバ
ブルやリーマン・ショックなどの混乱を横目に見ながら、

401k等での資産残高は、順調に伸びていきます。株式投資などに
よる、老後の資金運用が当たり前という、考えが急速にひろがっ
ていったのです。

その結果は、米株式市場は、中国景気減速や英国のEU離脱などの
難局を乗り越えながら上昇し、何かと批判が多い、トランプ大統
領が就任しても、史上最高値を更新してきています。

当然、米国民が保有する、投資信託等の資産も増え、老後への備え
に対する信頼は高まり、投資信託での運用を自信をもって米国民が
のぞむようになったのではないでしょうか。

日本の現況を考えると、株式投資信託をはじめてとする資産運用に、
日本人はまだまだ半信半疑です。それは、運用による成功体験、つま
り、増えた、儲かったという実感を感じられないからです。

それでも、少しずつ、DCでの運用成果での、プラスの部分が分かれば
考えも変わってくるでしょう。それは、米国民が教えてくれています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る