確定拠出年金 Q&A 36 (米国の年金事情①)

年金も、欧米か!?

Q.36
日本の確定拠出年金制度は、米国の401(k)モデルにしたと言
われていますが、米国企業の年金制度について教えてくだ
さい。

A.36
401(k)は米国企業年金の中心をなす、確定拠出年金制度です。
401(k)は、1978年に米国の税制を規定する「内国歳入法」に
401条k項が追加され、1981年から具体的な実施規則に適合し
た税制適格な制度として、はじまったことに由来します。

日本のモデルですから、日本のDC制度と仕組みはと類似する
点はあるのですが、異なるところも多くあります。

日本の場合は、企業のみ掛金を拠出、または個人がマッチン
グするカタチになっています。米国では、企業ではなく従業
員個人がまず、所得控除のメリットを受けながら、掛金を出す
ことが前提となっています。企業が、そこに追加というマッチ
ングの拠出を任意でするやり方です。

税制上にメリットに加え、企業からの補助金とも言えるマッチ
ング拠出があることで、加入者の積立意欲をかき立てるものと
なりました。効率的な資産運用と老後に向けての資金作りがで
きる制度として活用されています。

また、1974年には、ERISA法(Employee Retirement Income
Security Act)が制定され、自営業者や小規模企業の従業員を
対象とした、確定拠出年金タイプの個人退職勘定(IRA:Indivi
dual Retirement Account)がスタートしています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る