確定拠出年金 Q&A 33 (現状維持でいいの?)

現状を変えたくない、と思うのが人の常。

Q.32
配分変更とスイッチングのちがいは、わかりましたが、どの
タイミングでそれぞれ行うのが良いですか?(企業型DC、
iDeCo共通)

A.32
両者のちがいを再度確認しますと、配分変更は、毎月の掛金で
購入する商品の割合の変更で、見直すのは今後購入する商品に
なります。これに対し、スイッチングは、見直しの対象は掛金に
よって積み上がった「年金資産」であり、(他の商品によって運
用された)その資産の一部または全部を売却し、他の運用商品に
預け替えることでした。

ひとつの考え方として、配分変更は、年を重ねるごとに、ゆっく
りと、スイッチングは臨機応変に、というイメージでしょうか?

配分変更の場合。
例えば、20歳台や30歳台なら、リスクをとってもいい世代ですので、
海外株式と国内株式に70〜80%でのこりを国内債券と元本確保型で
まずは、スタート。5年ほど、様子をみながら継続し、マーケットに
大きな変化が(上にも下にも)あるなど、当初の配分からかけ離れ
た場合に、もとのカタチに戻すために、配分変更をする。

年齢を重ねるごとに、徐々に株式の配分を減らし、債券や預金など
の比率を高め元本確保型など、60歳までにキャッシュに近いカタチ
の商品の割合を高めていく流れになります。

そして、スイッチングは、こちらはマーケットに大きな変化があった
場合は、全体に与える影響は金額が積み上がっている分少なからずあ
りますので、若い世代のときには、冷静に、大きく落ち込んだ資産を
買い増すぐらいの発想があってもいいと思います。逆に、60歳に近づ
きつつある世代は、資産全体に影響を与えない程度に、一時的にキャ
ッシに近いカタチにしておくという方法もあります。

いずれにしても、ひとそれぞれに、年齢も、掛金も、運用商品も違い
さらに、気まぐれなマーケットに振り回されるわけですから確定拠出
年金による、資産運用に正解はありません。ただ、どんな状況になろ
うと対応できるような、最低限の運用に関する、知識は身につけてお
くことが、大切だと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る