確定拠出年金 Q&A 27(利用の流れのおさらい)

新しいことを始めるには、勇気がいる

Q.27
確定拠出年金の加入から給付までの流れを、おさらいして
ください。

A.27
加入時
まずは、運営管理機関選びから。企業型DCでは、会社が運営管
理機関を決めて、加入手続をリードしてくれますので迷うことは
ないと思います。一方、iDeCo(個人型DC)は、運営管理機関を
選び、必要な書類を揃えて申し込みまですべて、自分で行わなけ
ればいけません。そして、どちらの場合も、
①毎月の拠出額と
②どの運用商品をどの割合で運用していくのか(配分指定という)
を運営管理機関に必要書類と一緒に提出します。

運用時(企業型DC、iDeCo共通)
拠出額と配分指定が決まり、運用が始まります。毎月決められた
金額が、運用されながら積立られていくイメージです。一度決めた
運用商品と配分指定をそのまま、変えずに放っておく?というやり
方を想像する方もいるかもしれませんが、長期投資とは言え、適度
の見直しが必要です。

確定拠出年金は、60歳までの拠出積立が大前提ですので、途中引き
出しはできません。しかし、「自分で運用する」という、特徴をフ
ォローするかたちで、運用状況をみながら、変更することが可能で
きます。ネット等でいつでも自分の年金資産の運用状況を確認する
ことができます。

はじめは、おっかなびっくりではじめた、DCをつうじての資産運
用も、時間の経過とともに、経験値があがりなれてくるものと思わ
れます。自分の資産を運用成果をみながら、積立られた資産や月々
の拠出額の配分をネットで変更するのも、簡単な作業になっていく
でしょう。

給付時(企業型DC、iDeCo共通)
給付には、3種類あります。
・老齢給付
・障害給付
・死亡一時金

※給付については、条件や合理的な受け取り方をなどを含め、他の
Q&Aで詳しくやります。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る