確定拠出年金 Q&A 25(マッチング拠出について)

他の人と同じことをすると安心する?

Q.25
現在の勤務先が、企業型DCを導入しており、マッチング拠出も可
能と同僚から聞きました。マッチング拠出とは何ですか?

A.25
企業型DCは、毎月の事業主(会社が負担してくれる)掛金にプラス
して、加入者本人が掛金を拠出することができます。自分の給与から
掛金を積立ることをマッチング拠出(従業員拠出制度)といいます。

マッチング拠出は、事業主の掛金だけでは、老後の資金づくりが不十
分になる可能性もあると、企業、労働組合の両方から要望が高まり、
2012年の1月から、認められた制度です。企業年金連合会の統計では
、マッチング拠出のプランを導入している企業は、企業型DC全体の
20%近くまでになっています。

加入者として、掛金を拠出する場合に守らなければならないルールが
2つあります。
①加入者掛金は、事業主掛金以下であること。
②加入者掛金と事業主掛金の合計額が、拠出限度額を超えないこと。

例えば、全体の拠出限度額が55,000円のケースを考えてみましょう。
事業主の掛金が、30,000円であれば、
55,000円−30,000円=25,000円ですが、

事業主掛金が、20,000円ですと、加入者掛金は、20,000円になります。
(※全体との差額、15,000円は利用できません。)

また、マッチング拠出とiDeCo(個人型)の利用は同時にできません。

もちろん、iDeCoと同様に、掛金の所得控除、運用益非課税、受取時
の優遇税制(退職所得控除額や公的年金等控除)は、利用できます。

加入者掛金は、加入者全員を対象とし、加入者が自分の意志により拠
出を決定できます。利用するのも、掛金をゼロ円として、利用しない
のも本人次第です。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る