確定拠出年金 Q&A 19(元本確保型が選ばれる理由)

Q.19
確定拠出年金では、元本確保型商品への配分が多いと聞きました
が、何か理由がありますか?

A.19
一つは、特に、平成バブル崩壊後の日本株式市場が低迷していた
期間が長く続いていたことが、関係していると思います。株式を
使った投資信託(ファンド)が上昇が限られ、儲かっているとい
う実感を日本人の多くが持てていないことが、そのまま、確定拠
出年金の加入者等にも伝わっているのだと思います。リスクを過
分に意識することになってしまい安全な元本確保型商品が優先さ
れているのだと思います。

また、確定拠出年金の企業型では、運用管理機関が、幅広い運用
方法の中から、具体的な投資対象メニューを作成して、加入者等
に提示する役割を果たすことになります。そのメニューには、

・運用リターンや運用リスクなど運用収益の性格が類似しない、
3つ以上の運用方法が含まれていること

・提示する運用方法のうちにいずれか1つ以上は、元本が確保され
る運用方法(預金保険対象の預金など)であることなどが必要とさ
れています。これらを踏まえ、企業型年金では、

加入者等が自ら運用商品を選別するのに、時間を要して運用指図に
間に合わない場合に備え、加入者等の運用指図が行われるまでの間
、運用先として事前に設定している商品(デフォルトファンドといい
ます。)を規約に定めておくことが求められます。

このデフォルトファンドを設定する際に利用された商品に、元本確保
型が多くあることも選ばれる理由になっているようです。

『面倒くさいから、用意してくれている、元本確保型を中心した、こ
のパターンでいいか』という流れになるということは、想像に難くない
ですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る