確定拠出年金 、事業主の掛け金は、いくら?Q &A

Q.11
企業型DCの場合の会社が拠出する掛金額は、どのくらいに
なりますか?

A.11

企業型DCで会社が毎月拠出する掛金が「事業主掛金」です。
この掛金の計算方法は、「定額」「給与に一定の率を乗ずる
(定率)」「定額と定率の組み合わせ」のいずれかの方法で
するかを企業は確定拠出年金規約に定めなければいけません。

「定額」では、加入者全員が同じ額の掛金になります。例え
ば、1万円と定めた場合、加入者全員に対し、1万円を拠出す
ることになります。

「給与に一定の率を乗ずる(定率)」では、加入者の給与に
対し、定率を乗じた額を掛金として拠出するやり方です。

の給与は、給与規定などの定められた給与やポイント制

退職金制度のポイント、厚生年金保険の標準報酬月額のほ

かに、確定拠出年金のための給与を就業規則などに特別に

定めることも認められています。

事業主掛金の計算方法は、企業年金連合会のアンケート

によりますと、

「定額」を採用している企業が全体の
 12.0%、
「給与に一定
の率を乗ずる方法(定率)」が、
 84.8%、
「定額と定率の組み
合わせ」が
 3.2%となっています。また、

厚生労働省統計によりますと、
事業主掛金の平均額は

月額1万4,055円となっています。
(2013年11月末)

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る