確定拠出年金、掛け金は誰がどのくらい!Q&A 7

Q7.
確定拠出年金(DC)に「企業型」と「個人型」
があるのはわかりましたが具体的にどれくらいの
、掛金を企業は出してくれて、個人ではどのくらい
掛金をだすことが可能ですか?

A7.

1.企業型年金の拠出限度額

「企業型」では、民間サラリーマン(第2号被保
険者)で勤務先にDC以外の企業年金がない場合は、
年間66万円(5万5,500円/月)他の企業年金をある
場合は、

年間33万円(2万7500円/月)

がそれぞれの拠出限度額となります。

さらに、法改正により企業型年金と個人型
年金の同時加入ができるようになったため

個人型年金の併用の有無によって、企業型年金
掛金拠出限度額は異なり、4種類になりました。

併用する場合には、全体の法定拠出限度額から
個人型年金の拠出限度額を減じた額が企業型年
金の拠出限度額となります。

例えば、企業年金等がない場合、
法定拠出限度額5万5,500円から個人型年金の

限度額2万円を差し引いた、月額3万5,000円が
企業型年金の拠出限度額となります。

なお、企業型年金規約で定めなければ、同時
加入はできません。また、マッチング拠出導入
企業の場合は、

加入者のマッチング拠出利用の有無にかかわら
ず個人型への同時加入はできません。

2.個人型年金の拠出限度額

個人型年金の掛金拠出限度額は、加入対象者
拡大に伴って、増え複雑になっています。

「個人型」は、第2号被保険者で勤務先
企業型年金も
他の企業年金もない従業員場合は、
年間27万6000円(2万3000円/月)と

自営業者などの(第1号被保険者)は、
年間81万6000円(6万8000円/月)には
変更がありません。

新たな加入対象者の拠出限度額は、専業主婦
(国民年金第3号被保険者)は

月額23,000円(年間27万6,000円)です。

企業年金等(企業型年金の有無は問わない)
がある場合は、月額1万2,000円(年間14万
4,000円)です。

公務員と私学共済加入者は、年金払い退職
給付が企業年金等とみなされるため、

個人型年金の拠出限度額は、
月額1万2,000円となります。

企業型年金と同時加入する場合の個人型年金の
拠出限度額は、企業年金等がない場合は

月額2万円(年間24万円)、ある場合は
月額1万2,000円(年間14万4,000円)です。

※他の企業年金とは、
「厚生年金基金」「確定給付企業年金」を
いいます。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る