確定拠出年金 Q&A 28(掛金の配分指定)

好きなように、割合を決めていいんです。

Q.28
確定拠出年金を始めます。「配分指定」の手続をするように言われ
ましたが「配分指定」とは、何ですか?

A.28
「配分指定」はどの商品を、どのくらいの割合で購入するかを指定
することで、資産運用のキモとも言うべきものです。掛金全体を、
100%として商品ごとに割合を決めていきます。金額ではなく、割合
を指定しますので、仮に掛金を変更することがあっても、そのまま
同じ割合で継続することができます。

購入できる、運用商品は、それぞれの加入する確定拠出年金ごとに、
つまり、企業型DCであれば、会社が指定する金融機関の揃えたライ
ンナップの中から、iDeCo(個人型DC)場合は、自分で選んだ、金
融機関の提供する商品から選びます。

自分で決めた運用商品は、インターネットやコールセンターなどで確
認することができます。配分指定には、手数料はかかりません。

毎月掛金を10,000円の例を考えてみましょう。商品Aと商品Bにそれ
ぞれ20%ずつ、商品Cと商品Dに30%ずつに指定したとすると、

AとBが、10,000円✕20%で、それぞれ2,000円
CとDが、10,000円✕30%で、3,000円ずつの配分
指定になります。

運用商品には、「定期預金」「保険商品(生損保)」や「国内債券」
「国内株式」「海外債券」「海外株式」を投資対象とする、投資信託
等があるのは、紹介したとおりです。QA1218まで。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る