確定拠出年金 Q&A 20(NISAとのコラボ・・①)

ちがいのわかる、男になりたい

Q.20
確定拠出年金(企業型DC、iDeCo)とNISA(ニーサ)の
ちがいを教えて下さい。

A.20
2014年1月にスタートした、
NISA(ニーサ :Nippon Individual Saving Account)は、正
式名称を少額投資非課税制度といいます。確定拠出年金と
は税制優遇と資産形成の自助努力をサポートするという、
共通点があります。それぞれのメリットを理解し、両者を
コラボさせることにより、効率的な資産運用ができます。

まずは、DCとNISAの特徴を見ながら、比較してみましょう。

①投資金額の上限は?
NISAは、年間120万円までが、非課税。非課税枠は、最大
600万円(5年間)までになっています。これに対し、確定
拠出年金では、条件によりちがいがありますが、
*年間81.6万円(iDeCo)、**年間66万円(企業型DC)が上限
になります。単年度でみた場合、NISAのほうが多く感じます
が、拠出できる期間は複数年に及ぶので、

30歳の人が、60歳までiDeCoに、掛金を拠出すると、
30年✕81.6万円=2448万円が、最大元本部分として積立られる
ことになります。確定拠出年金の場合は、この金額を運用
するときにまるまる、非課税ということになります

*月6.8万円(自営業)、**勤務する企業に、他に企業年金(確
定給付年金や厚生年金基金等)がない場合の、月5.5万円の例。
その他、iDeCoを専業主婦が利用する場合は、月額2.3万円(年
間27.6万円)まで可能。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る