確定拠出年金(DC)の弱点は?Q&A3,4 

確定拠出年金の弱点

Q3.

いいことばかりの確定拠出年金(DC)
のようですが、特に注意する点は何で
すか?

A3.

(逆に大きなメリットと捉えることもで
きるのですが)次の2つが指摘されて
ます。

①原則60歳まで受け取れない制度

DCは、老後のための年金制度ですの、
60歳までは積立・運用してきたおカネは

引き出せすことができません。「企業型」
に加入していて、60歳前に会社を退職
しても受け取ることはできません。

(この場合運用指図者になり、運用を
続ける)

従来の企業年金制度であれば、企業勤めを
辞め独立するときなど、それまでに応じた

退職金が支払われ、独立開業資金等の
ニーズに応えることができましたが、

企業型の確定拠出年金では、それができ
ません。退職給付制度を全額、確定拠出
年金にすることには、企業側にも慎重な

姿勢が求められています。しかし、

どんな境遇になろうとも、老後の備え

を確保される(途中引き出しできない)
カタチが用意されているというのは、

良いことだと思います。

②自己責任の原則を受け入れられない

資産運用では、リスクをとることが
求められます。長い運用期間中には、

大きな変動を経験したりで、
ストレスを抱えることが、少なからず

あります。かといって、元本確保型ば
かりの運用ではインフレの波に

飲み込まれてしまいます。人任せに
してしまうことが、一番のリスクと

とらえ、あなたが、自分で考え、
あなた運用することが、確定拠出年金

最大限のメリットです。基本さえおさえて
おけば、怯えながらの運用にはなりません。

Q4.

確定拠出年金(DC)のメリットを整理
してください。

A4.

①「自分自身で確認できる」年金制度

これまでの企業の確定給付企業年金制度や
退職一時金制度は、どのくらいもらいのか
わかりにくい仕組みでした。

DCは、「個人型」はもちろん「企業型」も
残高をネットなどで、いつでも確認すること
ができます。

②「資産運用を経験できる」

あなたのライフスタイルやプランにあわせ、
運用方法を選択することができ、将来の
インフレにも備えることができる。

③「受給権が保護されている」

某航空会社が、倒産により現役世代や
OBの将来の年金が3割〜5割削られたような
ことが、確定給付年金制度(DB)を導入し
ている企業にはありました。

DCでは、会社の倒産や運用を指示する
金融機関等の破たんから、自分の老後財産
が守られるようなしくみになっており、後

から支給額の引き下げがおこなわれること
もありません。

④「持ち運びができる」

来年度以降には、年金資産の持ち運びが
ずっと便利になります。例えば、これまでは、

DCは、DC間だけの移管でしたが、

(個人型→企業型逆も可}
企業型→企業型のみ )

企業型DCから、企業型DBを導入している
企業に転職した場合、年金資産を移すこと
ができるようになります。

DCの魅力のひとつでもあるポータビリ
ティの範囲は広がる傾向があります。

⑤「破格!?、アンビリバボーなくらいの

税制優遇を受けられる」

会社が拠出する掛金や運用中に値上がりした
利益には税金がかかりません。60歳以降に
年金や一時金として受け取る場合も、

公的年金控除や退職所得控除の優遇を受ける
ことができます

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る