11月4週の理解不能?の各投資家の動き。個人は・・

11月4週(27日〜30日)投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
4月+2,072▼7,866+235 ▼322,38222,467
5月▼7,413▼3,605+4,490 ▼9716,01222,201
6月▼6,641▼1,671+1,278 +4,420 7,27022,304
7月+4,114▼4,876+1,4201,3291,63822,712
8月▼4,825+414+2,376+5811,68222,865
9月▼1,629▼8,569▼680▼7234,43424,120
10月▼2,565+10,580+3,847▼5878,70021,920(10/31)
11月1週+2,440▼1,776+1,101▼1,35876322,250(11/9)
11月2週▼1,369+1,074+2,484▼6701,46621,680(11/16)
11月3週▼1,968▼361+1,701+4012,15721,646(11/22)
11月4週▼2,101▼3,586+1,055+1,4506022,351(11/30)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

堅調な米国株式市場、東京市場も上昇

JPX(日本取引所グループ)によると11月4週(11/26-11/30)の投資部門別売買状況、海外投資家は(現物▼2,101億円、先物+4,062億円)合計+1,960億円の買越(現物の売越は3週連続)。個人は(現物▼3,586億円、先物▼288億円)合計▼3,874億円の売越。(現物売越は、2週連続)年金資金の信託銀行は、(現物+1,451億円、先物▼322億円)合計で+1,129億円の買越。(現物の買越は2週連続)。その他、事業法人+1,055億円、投信+847億円と、現物を買越していました。この週は、堅調な米国市場に支えられ、東京市場、日経平均株価も、5営業日すべて前日比プラス。

現物売り、先物買いの海外投資家

11月に入りおとなしめ?の動きと思いきや、海外投資家は、11月3週は、かなりの金額の売越。4週も現物は売越しでしたが、先物が、4,000億円以上の買越し。海外投資家のなかでも、長めの資金(年金、投信)は売り、買いはヘッジファンドのポジション調整?と現物と先物の動きから・・・そんな見方をしています。

個人は損切り?利益確定?

11月の4週では、個人の現物の大幅な売越しが目を引きますが、信用評価損率は、▼10%台(前の週▼12.69%)多少改善していることから日経平均でいうと21,500円前後で買って、22,500円手前で利益確定をした、したたかな投資家がいたことを匂わせます。
信託銀行、事業法人、投資信託(この国内勢で、3,352億円の買越し)の買いもしっかりと入っていました。

日銀によるETF購入は、60億円

日銀は、この週は(設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFを4営業日で、12億円ずつ。)60億円のみで通常型ETF(TOPIX型)は、ゼロ、ありませんでした。日銀によるETF購入は年間6兆円の予定に対し11/30までに、およそ5兆7,000億円となっています。日銀としては、購入予定金額の上限に近づく現状では、波乱の含みの年末のマーケットにむけて、少しでも余裕を残しておきたいといったところでしょうか。(日銀のサイトより。)。

関連記事はこちら↓

11月3週、海外投資家の大幅売越にも、しっかりの東京マーケット。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る