11月1週、海外投資家は大幅に買越すも、本気!?

11月1週(5日〜9日)投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
4月+2,072▼7,866+235 ▼322,38222,467
5月▼7,413▼3,605+4,490 ▼9716,01222,201
6月▼6,641▼1,671+1,278 +4,420 7,27022,304
7月+4,114▼4,876+1,4201,3291,63822,712
8月▼4,825+414+2,376+5811,68222,865
9月▼1,629▼8,569▼680▼7234,43424,120
10月▼2,565+10,580+3,847▼5878,70021,920(10/31)
11月1週+2,440▼1,776+1,101▼1,35876322,250(11/9)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

海外投資家の買越が意味するところは?

JPX(日本取引所グループ)によると11月1週(11/5-11/9)の投資部門別売買状況、

海外投資家は(現物+2,440億円、先物+1,394億円)合計+3,835億円の買越。現物の買越は2週連続ですが、合計での買越は、5週ぶり。個人は、(現物を▼1,776億円 、先物▼95億円)合計▼1,871億円の売越(現物の売越は2週連続。)。また、年金資金の信託銀行は(現物▼1,358億円、先物▼726億円)合計▼2,084億円の売越(現物は、4週ぶりの売越)。

その他では、投資信託(国内)は、▼276億円と現物を売越、事業法人が+1,101億円、現物を買越していました。

ヘッジファンドの売りに対し、買いを入れた国内勢。

海外投資家は、10月(10/1〜11/2)ひと月で、実に現物、▼2,565億円、先物▼40,163億円(合計▼4兆2,728億円)とすさまじい売越。極端に高い先物の比率考えると、これだけの金額を短期間で売れるのは、やはりヘッジファンドの関与があったと見るのが、自然です。そのため、11月1週の海外投資家の買越で、彼らが、単純に買いにスタンスを変えたということにはならないので、今後も注意深く、彼らの動き、特に先物の売買動向を見て行く必要があると思います。

10月な強烈なヘッジファンドの売りに対し、買いを入れたのが、やはり国内勢。現物だけの数字ですが、(個人+事業法人+投資信託に、日銀ETF購入金額を足すと)2兆5,317億円と国内勢の買いが、下支えとなりました。

10月の日銀ETF購入回数は、過去最多に並ぶ

日銀は、(設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFを5営業日で、12億円ずつ。)60億円と通常型ETF(TOPIX型)を703億円×1日=703億円、合計763億円のETF購入。日銀によるETF購入は年間6兆円の予定に対し11/9までに、およそ5兆3,381億円となっています。

ヘッジファンド等の強烈な売りもあり、10月の東京株式市場が不安定に推移するなか、日銀によるETFの月間購入回数が、29日までに12回と過去最多記録に並び、また、今年3月の月間購入金額、8,333億円を上回る、8,700億円と大きな買いとなりました(日銀のサイトより。)単純に計算すると、6兆円−5.34兆円=残り、およそ6,600億円を、11月、12月のETF購入にあてることになります。

6兆円を上回るまで買う?

ただ、7月30日、31日開催の日銀金融政策決定会合では「資産価格のプレミアムへの働きかけを適切におこなう観点から、市場の状況に応じて(ETFおよびJ-REITの)買入額は上下に変動しうるものとする」という表記が加わていたことを考えると、6兆円を上回るペースの買いも期待でき、年末にかけてさらに下落する場合には、大きな買い支えになると、期待する市場関係者がいました。

10月5週の投資家の動き↓

10月5週、投資家の動き。国内年金資金動く!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る