3月4週も海外投資家は強烈な売り。そして、四半期を振り返り。

海外投資家の売りは、累計で9兆円近くに

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

3月第4週(3/26〜3/30)
の投資部門別売買・取引状況、

海外投資家は、

現物 +48億円の買越
先物 ▼9,400億円の売越

合計で、▼9,352億円
の売越。

相変わらず、腰の入った?”売り”
ですが
現物株に限ってみると、

1月1週以来の買い越し。

他の投資部門では、

個人の、
現物 ▼  356億円
(先物も▼1,596億円)
※現物は利益確定と先物の
ヘッジ売りか?

の売り越し

投資信託の現物
+671億円の

買い越しが目立っていました。

また、GPIF等公的年金の動きを
あらわす、信託銀行が
先物を、

+5,240億円、買い越していました。

これは、最近この時期にみられる、
パッシブ型運用(指数など市場の動きに
シンプルに連動するタイプの運用)をする

公的年金等の、配当分の再投資。

今年の例でいくと、個別企業株の
配当権利付き最終日(3/27)と

権利落ち日(3/28)の2日間で
配当金相当額を株式先物で買う
手法が実施されていた模様。

2018年、四半期を過ぎて
特筆すべきことは、やはり

海外投資家が、日本株を現物と先物で
1月〜3月までに実に
▼87,023億円
(現物▼41,076億円 先物▼45,947億円)

と9兆円近く、売り越していたこと。
まさに、強烈な売りです。

個人投資家と日銀が支える

海外投資家がここまで、売っていても、
何とか、日経平均株価で、この1月〜3月の間に

20,000円割れを阻止できたのは、

31,130億円(現金+信用)にのぼる個人投資家
の買い越しと(押し目買い)

2兆円目前までになった、日銀によるETF
(上場型投信)を通じての日本株の購入の
おかげです。

※日銀による、ETF購入は
1月〜3月までの累計で、19,047億円

「1月4,638億円
2月6,076億円
3月8,333億円(3月4週の
購入額は、1,530億円。)

日銀と投資部門別の売買状況を
参考に、3月までの、日経平均株価の動きを
振り返ると、

高値は、24,129円(1/23 終値24,124円)
安値は、20,347円(3/26  終値20,766円)

でした。高値から安値までの下落率は
▼15.7%ほどになります。

http://fcostcut.com/data-march3w-18/

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る