7月4週、投資家の動き。個人投資家のしたたかさに拍手!?

7月4週、投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
4月+2,072▼7,866+235 ▼322,38222,467
5月▼7,413▼3,605+4,490 ▼9716,01222,201
6月▼6,641▼1,671+1,278 +4,420 7,27022,304
7月4週+859▼2,186+127+526022,712(7/27)
7月+4,114▼4,876+1,4201,3291,638(7/27まで)22,712(7/27)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

個人投資家が大幅な売越の7月

JPX(日本取引所グループ)によると7月4週(7/23-27)の投資部門別売買状況、海外投資家は(現物+859億円、先物  +577億円で)合計+1,436億円の買越し。他の投資家では、現物は、個人が▼2,186億円の売越。年金資金の信託銀行が+52億円、事業法人の+127億円、(投資信託の+812億円)現物の買越が目立っていました。この週は前の週末から、週明け300円マイナスではじまった分を、27日までに取り返した、日経平均の動きでした。

7月全体(7/2〜7/27)でも、現物を海外投資家(+4,114億円)、信託銀行(+1,329億円)事業法人(+1,420億円)(投資信託は、+1,017億円)と買越しに対し、個人の▼4,876億円の売越し。そして日経平均では

21,462円〜22,949円(月間の高値と安値)と、21,500円から、23,000円の手前までの、およそ1,500円の範囲の動き。米中貿易摩擦と日米企業の好決算の間で揺れるマーケットでしたが、終わってみれば、意外としっかりとしていた7月だったというのが、正直な感想です。

海外投資家のうち、短期売買を得意とするヘッジファンドは先物をからめ、とにかくボラティリティ(変動幅)があること、つまり一定の範囲のなかでも上下することを狙う(または、ヘッジファンド自らがボラティリティつくり、そこに収益のチャンスを広げる)のが信条ですので、投資スタンスあまり参考にはならないかもしれません。一方、下がれば買い、上昇する過程で売り上がる個人投資家(特に信用取引をするベテラン)の手法には、長年、マーケットでヘッジファンドと向き合ってきた、したたかさを感じます。

日銀のETF購入は、さらにTOPIX型中心へ

日銀による、ETFの購入は、4週は60億円。7月は、27日までに1,638億円、31日までに2,379億円と、今年に入り4月と同規模の、ETF購入額の少なさでした。なお日銀は、30-31日に行われた金融政策決定会合で、ETFの購入比率でTOPIX型のウェイトを高めることを発表しています。全体で、6兆円は変わらないとすれば、7月までにすでに3兆7000億円ほど購入していますので、あと5ヶ月で2兆3,000億円ほどTOPIX型中心の、ETFを購入する予定になります。いずれにしても、大きな下落があったときの、強力な支援材料になることには変わりはありません。

あわせて読みたい↓
31日、日銀金融政策決定会合について

関連記事も↓

7月3週、投資家の動き。日経平均、23,000円の攻防!?

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る