7月2週、投資家の動き。海外投資家の買い越しの真意は?

7月2週、投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
4月+2,072▼7,866+235 ▼322,38222,467
5月▼7,413▼3,605+4,490 ▼9716,01222,201
6月▼6,641▼1,671+1,278 +4,420 7,27022,304
7月1週▼313+636+727+99776521,788.(7/6)
7月2週+3,248▼2,459+383▼21.876522,597(7/13)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

目まぐるしく変わる、海外投資家。その真意は?

JPX(日本取引所グループ)によると7月2週(7/9-7/13)の投資部門別売買状況、海外投資家は
現物を、+3,248億円、
先物を   ▼423億円で合計、+2,825億円の買越し。

前の週、7月1週(7/2-7/6)とは(▼313億円、先物を   ▼2,633億円で合計、▼2,946億円の売越し。)様変わりの、先物売越が減り、大幅な現物の買い越し。日経平均でみると。22,000円割れが多く見られた週でしたので、押し目買いというより、思うような下落にならず、ヘッジファンド等の慌てて買い戻す?動きでしょうか。

冷静な国内投資家

逆に個人は、現物を、▼2,459億円の売越ですので、22,000円以下を目安に買っていた、短期売買の信用取引をこなす個人が、22,500円前後で売りのスタンスで、売り抜けていた週であったように思えます。また、一部年金資金の信託銀行も同じようなパターンで、現物を▼22億円売り越し(先物▼605億売越)
。結局、海外投資家が、4週ぶりの買い越しで、個人と信託銀行が4週ぶりの売り越し。また、

日銀による、ETFは、765億円で、7月は、1,530億円の購入。2018年はここまでの累計で、およそ3兆6,000億円ほどになります。6兆円の予定で計算すると年内は、あと2.4兆円。月平均4,800億円前後のペースと考えても、かなりの買い支え要因になります。

あわせて読みたい↓

7月1週投資家の動き。先物主導で22,000円割れ。国内勢は押し目買い。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る