1月5週、海外投資家の動きは大荒れのマーケットの前兆だった!?

売越額は、再び1兆円超えへ

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

1月第5週(1/29〜2/2)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、

現物▼3,525億円の売越
先物 ▼8,357億円売越

年明け、1月(1/4〜2/2)に入って
からは、

現物 ▼4,772億円の売越
先物 ▼ 20,527億円の売越

合計▼25,300億円もの、売越
となっています。

以下は、↓

海外投資家の
現物と先物合計の売買動向の
詳細です。(1/4〜2/2)
※▼は売越を、+は買越です
1月1週 +  6,871億円
2週  ▼10,142億円
3週  ▼  1,898億円
4週  ▼  8,248億円
5週  ▼11,882億円

利益確定から、売りを優先させ、
さらには、先物のウェイトを
上げて、下落を期待する?

イメージがありますので、
海外投資家のなかでも

ヘッジファンド(HFT
超高速・高頻度取引を含む)

が大胆に日本のマーケットで
暴れまわっていた状況が
想定されます。

国内勢は買い越しへ

一方、

他の投資部門で、
変化がみられるのは、

1月の4週、5週の
合計で、

個人の
+4,551億円

投信の
+2,194億円

事業法人の
+718億円

そして、
公的年金等の
信託銀行が
+2,101億円

と国内勢の買い越しが
目立ってきていました。

このような、
投資家の動きのなかでも

日経平均株価は、
(終値)

1/4の
23,506.33円から

2/2の
23,274.53円まで

と大きな変化はなかった
わけですから、

大荒れに荒れた、
今週(2/5〜2/9)

の彼らの動きが大いに
注目されます。

※日銀による(ETF購入)同期間の動向
などについては、2/12のブログで。

関連記事はこちら↓

日米株式市場の下落を増幅させるHFT(超高速・高頻度取引)の正体とは??

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る