データを読む

1月3週、1月の海外投資家の先物売越し継続を確認!?

更新日:

先物の売り越し目立つ、1月

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

1月第3週(1/15〜1/19)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、

現物▼2,222億円の売越
先物  324億円の買越

1月(1/4〜1/19)に入って
からは、

現物   2,313億円の買越
先物 ▼ 7,420億円の売越

で合計 ▼5,107億円の売越。

海外投資家は、自国の株式
市場の好調さもあって、

日経平均株価が、

24,000円(1/18)の大台超えた
あたりで、利益確定を優先させた
とも読めますが、

先物の比率が高いのは、
海外投資家のなかでも、ヘッジファンドが
動いている証でもあります。

個人投資家、年金資金の信託銀行等の
他の部門では、特に目立った
動きはありませんでした。

日銀ETF購入は、粛々と

また、日銀による、

同期間(1/15〜1/19)の
ETF(上場型投資信託)購入額は、

795億円で、(1月の累計、
19日までに、2,205億円)

円高が多少気になるところですが
引き続き、しっかりとした動き
が期待できる、東京株式市場です。

関連記事はこちら↓

http://fcostcut.com/データ/jpx-jan1w2w-2018/

-データを読む
-, , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.