インバウンド消費は、日本らしさが鍵!?

観光庁によると、2017年の訪日外数は
(日本を訪れた、外国人)は

2016年の
2400万人(24,039,700人)から、
19%増の

2870万人(28,690,900人)へ。

消費額も、16年に比べ、18%増の

4兆4,161億円

5年連続の過去最高を更新。

国別では、

中国が1位で、
735万人

次いで、韓国が
714万人。

以下

台湾
456万人

香港
223万人

と続き、

この4ヵ国・地域
で全体の7割を占めることに
なります。

何にお金を使っているかと
を見る、項目別では、

買い物
1兆6,398億円

宿泊
1兆2,451億円

飲食
8,856億円

交通費
4,870億円

娯楽サービス
1,439億円

2020年の
政府が掲げる目標の

客数
4,000万人

消費額
8兆円

達成のためには、

国内の企業、特に、

日本の伝統文化や各種体験を
サービスとして提供できる、

企業の努力が求められますが、
それは、そこにビジネスチャンス
があると言えます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国での販売不振を織り込む、株価!? 大中華圏=グレーターチャイナ(一般的に中国本土、香港…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る