データを読む

インバウンド消費は、日本らしさが鍵!?

更新日:

観光庁によると、2017年の訪日外数は
(日本を訪れた、外国人)は

2016年の
2400万人(24,039,700人)から、
19%増の

2870万人(28,690,900人)へ。

消費額も、16年に比べ、18%増の

4兆4,161億円

5年連続の過去最高を更新。

国別では、

中国が1位で、
735万人

次いで、韓国が
714万人。

以下

台湾
456万人

香港
223万人

と続き、

この4ヵ国・地域
で全体の7割を占めることに
なります。

何にお金を使っているかと
を見る、項目別では、

買い物
1兆6,398億円

宿泊
1兆2,451億円

飲食
8,856億円

交通費
4,870億円

娯楽サービス
1,439億円

2020年の
政府が掲げる目標の

客数
4,000万人

消費額
8兆円

達成のためには、

国内の企業、特に、

日本の伝統文化や各種体験を
サービスとして提供できる、

企業の努力が求められますが、
それは、そこにビジネスチャンス
があると言えます。

-データを読む
-, , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.