2月3週、海外投資家売越し継続。狙いたい、押し目買い日本株。

海外投資家の売越し続く

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

2月第3週(2/19〜2/23)
の投資部門別売買・取引状況、

海外投資家は、

現物 ▼ 1,132億円の売越
先物 ▼4,014億円売越

(  ※他の投資部門では、

現物を

個人が、
+815億円

公的年金をあらわす
信託銀行が、
+1,132億円

それぞれ買い越し。

また、同期間の
日銀による、ETFの購入金額は

1,522億円

でした。    )

2018年、1月(1/4〜2/23)
以降は、海外投資家は

現物 ▼12,712億円の売越
先物 ▼ 41,298億円の売越

合計▼54,010億円もの、売越
をしています。

海外投資家の1月〜2月3週までの動きは・・

海外投資家の
現物と先物合計の売買動向の
詳細です。(1/4〜2/23)
※▼は売越、+は買越を
あらわします。

1月1週 +  6,871億円
2週  ▼10,142億円
3週  ▼  1,898億円
4週  ▼  8,248億円
5週  ▼11,882億円
2月
1週  ▼18,022億円
2週  ▼  5,543億円
3週 ▼5,146億円

日経平均の動きは

この間の日経平均株価は、
(終値ベース)

高値を付けた、

1/23(4週)の
24,124円から
(高値は、24,129円)

米国金利上昇で、
米国株が大幅値下がり
をしてその、影響を受けた、

2/14(2週)の
21,154円まで
(安値は 20,950円)

▼3,000円ほどの値下がり
(▼12.3%)

その後は、
多少の落ち着きあり、

今週はじめの、2/27には
22,389.86円

+1,235円
(+5.84%)

まで戻していました。

しかし、

2/28日、3/1日、2日の

3日間で

▼1,200円下落。

昨日、3/2の週末は
21,181.64円

かなり、上下の幅が
大きな(ボラティリティの高い)
動きとなっていました。

来週以降も、

米国の
トランプ政権による、
貿易摩擦への懸念、

金利の高止まり、

国内では、
決算対策等で、売りが出やすい
3月であること

そして、
105円台の円高と

東京株式市場にとっては

リスクオフしたい

環境となることが予想されます。

ただ
短期的には、この3月の値下がり、
押し目と考え、

新営業年度となる、4月、5月に
むけて、備えるのが賢明だと
思います。

2月の第2週、海外投資家は引き続き、日本株を売越し。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国での販売不振を織り込む、株価!? 大中華圏=グレーターチャイナ(一般的に中国本土、香港…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る