日銀によるETF購入が心の支え。投資家心理は複雑!?

黒田総裁続投

日銀の黒田総裁の続投が決まり、
大規模緩和、さらには、年間6兆円
ペースのETF購入が確実に、

継続される見通しで、ひと安心と
みる、市場関係者も多いのでは
ないかと思います。さて、

9日のニューヨークダウは、
330ドルほど戻し、

24,190.90ドル

で週末を終えているとはいえ、

不安材料の米10年国債利回り
は、2.8%台と高止まり。

投資家の先行きの不安心理を
象徴すると言われる、

米国VIX指数(恐怖指数)も
29.06と、ひところの10前後の
水準に比べると、

かなりのハイレベルで、
投資家心理の不安定さを
示しています。

ETFが心の支え

そんな中、

批判も多い、日銀のETF購入ですが

先週のような混乱時には、

『日銀がETFを通じ、日本株を買っている』
という事実は、

投資家を冷静にさせてくれる効果がある
かもしれません。

ETFの購入額は、

2018年は、
1月  4,638億円

そして、
2月 は早くも

9日までに、

3,032億円

日経平均株価でみると、
(終値)

2/1〜2/9の間に
23,486.11円→21,382.62円
と▼8.9%の下落でしたので、

大幅な値下がりには、
購入金額も多くなっている
ことが証明されました。

関連記事はこちら↓

日銀による、ETF購入は2018年も粛々と、続く。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る