12月1週の投資家の動き。国内勢で買い支え!?

12月1週(3日〜7日)投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
4月+2,072▼7,866+235 ▼322,38222,467
5月▼7,413▼3,605+4,490 ▼9716,01222,201
6月▼6,641▼1,671+1,278 +4,420 7,27022,304
7月+4,114▼4,876+1,4201,3291,63822,712
8月▼4,825+414+2,376+5811,68222,865
9月▼1,629▼8,569▼680▼7234,43424,120
10月▼2,565+10,580+3,847▼5878,70021,920
11月▼2,998▼4,650+6,343▼1775,17322,351
12月1週▼6,001+2,220+1,558+2,0312,16921,678(12/7)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

海外投資家の売り続く

JPX(日本取引所グループ)によると12月1週(12/3-12/7)の投資部門別売買状況、海外投資家は(現物▼6,001億円、先物▼1,560億円)合計▼7,562億円の売越(現物の売越は4週連続)個人は(現物+2,220億円、先物+608億円)現物の買越は、3週ぶり。信託銀行は、(現物+2,031億円、先物▼2,431億円)で、現物の買越は、3週連続。・

その他、事業法人+1,558億円、投信+1,075億円と、現物を買越。この週は、週間ベースで、日経平均株価は672円下落となりました。

海外投資家の現物売越額は、2月1週以来の高水準

海外投資家の現物と先物売買比率から、先物の比率が高いときは、ヘッジファンドの動きとみるのが自然ですが、逆に現物の比率が高くなるときは、海外の投信、年金あるいは、政府系のファンド等?からの売りの可能性があります。一説には、ここのところの原油価格の値下がりによって、オイルマネー(SWFを通じ)が、現金づくりのために、日本株を売りに出ているのではとの憶測を呼んでいます。

国内勢で買い支え

海外投資家の売りに対し、国内勢(個人+2,220億円、年金資金の信託銀行+2,031億円、投信+1,075億円、事業法人+1,558億円)で、+6,884億円の現物の買越。これに、日銀によるETF購入額、約2,100億円を加えると、9,000億円近い金額。この週は、米国株式市場、NYダウがその前の週の25,500ドル台から、12/7の24,388ドルへと、1,000ドル以上の値下がり。国内勢による、押し目買いで、なんとか、日経平均株価21,500円は、維持されました。

日銀によるETF購入は、2,169億円

日銀は12月1週に、(設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFを4営業日で、12億円ずつ。)60億円と通常型ETF(TOPIX型)は、703億円×3日で、2,109億円、合計2,169億円。日銀によるETF購入は年間6兆円の予定に対し12/7までに、およそ5兆9,170億円となっています。購入予定金額の上限に近づき、手持ちの玉がなくなりそうな状況では、このまま、何事もなく静かに年の瀬を迎えたいと、日銀は考えているかもしれません。(日銀のサイトより。)。

関連記事はこちら↓

政府系ファンドの実力。SWF(Sovereign Wealth Fund)とは?①

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る