8月4週の動き、海外投資家の先物主導のマーケット。売買代金は低迷。

8月4週、投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
4月+2,072▼7,866+235 ▼322,38222,467
5月▼7,413▼3,605+4,490 ▼9716,01222,201
6月▼6,641▼1,671+1,278 +4,420 7,27022,304
7月+4,114▼4,876+1,4201,3291,638(7/27まで)22,712(7/27)
8月1週▼672+670+386+97076522,525(8/3)
8月2週▼347+289+586+39476322,298(8/10)
8月3週▼3,449+2,409+654▼14576322,270(8/17)
8月4週▼840▼437+631▼1606022,601(8/24)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

先物主導で、売買代金は低迷

JPX(日本取引所グループ)によると8月4週(8/20-8/24)の投資部門別売買状況、海外投資家は(現物▼840億円、先物  +2,192億円)合計+1,352億円買越。買越は、4週ぶり。個人は、(現物を▼437億円 先物は、▼1,781億円)合計で▼2,218億円とこちらは、4週ぶりの売越。また、年金資金の信託銀行は(現物▼160億円、先物+131億円)合計▼31億円の2週連続の売越。現物だけみると、主要3投資部門(海外投資家、個人、信託銀行)はいずれも、売越でした。

その他、事業法人が現物を、+631億円買越し、投資信託(国内)も+104億円と買い越しとなっていました。この週は、米中通商協議とFRBの金利引き上げに対するコメントを見極めたい、などとする理由から、様子見ムードで、売買代金は、2兆円を超える日が一日もない、一週間でした。日経平均では、22,200円前後から、22,600円ぐらいまでの範囲。先物主導のマーケットにしては、堅調な動き。ただ、

短期売買を得意とする、個人投資家の信用取引の評価損益率は、多少改善されているとは(8月24日▼10.98%←▼12.69%)いえ、22,000円の前半が続くと投げ売りが多くなるレベルにいることも忘れてはならないと思います。

日銀、ETF買入余力を温存?

日銀のETF購入は(設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFを5営業日で、12億円ずつ。)60億円と一週間の購入金額としては、最低金額単位にとどまり、通常型ETF(TOPIX型)のワンショット、700億円以上の購入はありませんでした。日銀によるETF購入は、年間6兆円の予定に対し、8/24までに、およそ3兆8,700億円まですすんでいます。。

一部市場関係者は、「米中貿易戦争、トルコをはじめとする新興国の通貨安、株安への懸念、そして米中間選挙前にマーケット全体の調整が起こりやすいことを考えると、日銀はETF買入余力を温存しているのではないか」と指摘していました。裏を返せば、日銀の支えがなくても、しっかりとしていた8月4週の東京市場だったことが、ここでも言えると思います。

関連記事はこちら↓

8月3週、海外投資家の大幅売越しに、渋い国内勢の買いが入る!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る