4月4週、海外投資家の買い越し続く。

 

4月の買越続く

JPX(日本取引所グループー
  東京証券取引所、大坂取引所を含む)
  によると、

  4月第4週(4/23〜4/27)
   の投資部門別売買・取引状況、

  海外投資家は、

  現物▼1,510億円の売越
   先物 +4,520億円の買越

  合計で、+3,010億円
   の買越。

  他の投資部門では、前の週
   に引き続き個人投資家の、

   現物株の

  ▼2,596億円の売り越しが
   目立っていました。

  新年度(4月)に入り、海外投資家主導
  による日本株の買いによって、
  日経平均株価が、22,500円近辺
  まで上昇。これに対し

  2月から3月までの大幅下落時に
   (3/26には、安値で、
   20,347円まで下落)
   丹念に日本株の押し目を買っていた
   個人投資家が、4月の1週から
   4週にかけ、継続的に今度は

   海外投資家の買いに、売りを
   ぶつけてきた、つまり利益確定
  をしているのが、浮き彫りになった
  カタチです。

   海外投資家の一部もさすがに、
   22,000円台の日経平均株価では、

  現物株の利益確定を優先していました
  が、(▼1,510億円売越)今後は

  22,000円を下限に、彼らがどこまで
  上値を追うことができるのかが、鍵に
  なると思います。

アノマリーは、証明された

 海外投資家は、2018年に入ってから
  3月末までに、現物、先物合計で
  日本株を、実に、▼8兆7,124億円を
   売越していましたが、

  4月は、一転は、
 1週〜4週で、4週連続の買い越しで
  合計で、1兆7,662億円。

  1週 +4,427億円(+1,585億円)
  2週 +5,728億円(+845億円)
  3週 +4,497億円(+1,151億円)
  4週+3,010億円(▼1,510億円)

  売り越しの分からすると、買い越しの
  余地は、まだありそうですが、
  はたして、5月以降はどうでしょうか? 

  因みに、4月の現物株のみの買越は
    2,071億円ですが、今年も4月に
    海外投資家が買い越しするという

    アノマリー(季節的要因)は、
  証明されたことになります。
    (※ 2008年〜2017年の10年の
   4月は、すべて現物株を買い越し
   しています。)

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る