4月3週、海外投資家の変貌ぶりを確認!?投資部門別状況より。

海外投資家の変貌


JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

4月第3週(4/16〜4/20)
の投資部門別売買・取引状況、

海外投資家は、

現物+1,151億円の買越
先物 +3,546億円の買越

合計で、+4,697億円
の買越し。

他の投資部門では、
個人投資家の、現物株

▼2,443億円の売り越しが
目立っていました。

新年度(4月)に入り、海外投資家による買い
によって、日経平均株価が、22,000円を回復
する過程で、

2月から3月までの大幅下落時に
(3/26には、この日の安値で、
20,347円まで下落)
かなりの金額を仕込んでいた

個人投資家が、利益確定を継続させている
と考えられます。ナイス、個人!?

現物、先物の両方共買い越し
は、4月1週〜3週で、3週連続。
合計で、1兆4,652億円

1週 +4,427億円
2週 +5,728億円
3週 +4,497億円

データどおりの4月になるか?

海外投資家は、2018年に入ってから
3月末までに、現物、先物合計で
日本株を、実に、▼8兆7,124億円を
売越していただけに、

4月に入ってからの、変貌ぶり?には
驚かされるばかりです。

やはり、4月は、過去のデータどおり
”海外投資家買いの季節”
と、実証されそうです。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る