データを読む

海外投資家の買い越しが続く、4月2週。4月は、やはり特別な月なのか?

更新日:

海外投資家は、2週連続の買越

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

4月第2週(4/9〜4/13)
の投資部門別売買・取引状況、

海外投資家は、

現物    + 845億円の買越
先物 +4,882億円の買越

合計で、+5,727億円
の買越し

現物、先物の両方共買い越し
は、4月1週に続いて、2週連続。

したたかな個人投資家

他の投資部門では、
個人が、
現物を▼1,562億円、
先物を▼1,045億円 売越

日経平均株価の4月第2週は
(終値ベース)

21,660.28円(4/12)

21,794.32円(4/10)

22,000円(4/18 3週)超え前の狭い範囲の
動きが、2週続いたわけですが、

3月の押し目、日経平均株価で、21,000円前後
をしっかりと拾っていた、個人投資家が

海外投資家の買いにあわせて、売りを出し
利益確定をしている姿が浮かびます。

4月は、この10年(2008年〜2017年)でみても
海外投資家が、日本株を買い越している、特別な
月ということをおさえ、

個人投資家が、その流れを巧みにとらえている
のではないでしょうか?

米国債利回りの急上昇とiPhoneの需要動向を懸念、20日の米国株式市場

-データを読む
-, , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.