10月2週(9〜12)ヘッジファンドの売りを国内勢が拾う!?

10月2週(9日〜12日)投資家の動き

 海外投資家個人事業法人信託銀行日銀ETF日経平均株価
4月+2,072▼7,866+235 ▼322,38222,467
5月▼7,413▼3,605+4,490 ▼9716,01222,201
6月▼6,641▼1,671+1,278 +4,420 7,27022,304
7月+4,114▼4,876+1,4201,3291,63822,712
8月▼4,825+414+2,376+5811,68222,865
9月▼1,629▼8,569▼680▼7234,43424,120
10月1週+5,757+210▼17▼1,50576323,783(10/5)
10月2週▼3,290+6,024+332▼7312,86022,694(10/12)
現物のみ。単位億円。+は買越、▼は売越をあらわします。日銀は、ETFの購入金額。日経平均株価は、月末の終値、週ベースはその週末の終値。円まで。

一転、ヘッジファンドの強烈な売り

JPX(日本取引所グループ)によると10月2週(10/9-10/12)の投資部門別売買状況、海外投資家は(現物▼3,290億円、先物▼14,990億円)合計▼1兆8280億円の売越し。海外投資家は、合計額で5週ぶりの売越し。現物株の売越しは、4週ぶりのこと。

個人は、(現物を+6,024億円 、先物+2,155億円)合計8,179億円の買越し(現物の買越しは2週連続)。また、年金資金の信託銀行は(現物▼731億円、先物▼1,275億円)合計▼2,006億円の売越し(現物の売越しは、4週連続)。

その他では、投資信託(国内)が+1,047億円、事業法人が+332億円とそれぞれ、現物株を買越していました。

買い仕掛けで、大幅上昇を演じたヘッジファンドの反対売買か?

9月2週の意外高?からはじまった、上昇相場は、9月1週、9月7日の安値22,172円から、10月1週の2日の高値24,448円まで、2,200円以上の値上がりでした。海外投資家による9月2週、3週の先物1兆6,000億円以上大幅に買越は、短期間でなされたことと、その規模から判断すると、ヘッジファンドによるものと考えるのが自然です。

その彼らが10月に入り、先物から売り始め、売り越しそして、強烈な売りへとスタンスを一転させます。9月2週、3週の先物買い越し分をそのまま、売り切ったかのような、10月2週分の大幅な売り越しでした。

日経平均、22,500円の攻防!?

この波乱のマーケットに現物株で、買い向かったのが個人投資家を中心とする、国内勢です。日銀のETFとあわせると、実に、およそ1兆3000億円ほどの買いが国内の投資家からもたらされたことになります。

日経平均株価は、▼915円と大きく値下がりした、10月11日の翌日12日の安値が、22,323円(終値は、22,694円)。10月3週に入っても、22,200円台になっては、22,500円台に戻す動きからみて、下値メドを22,500円とし、この水準を維持できるかどうかが当面のポイントと、個人的には注目しています。

日銀ETF購入(10月2週分)↓

日銀は、(設備・人材投資に積極的な企業を組み入れるETFを4営業日で、12億円ずつ。)48億円と通常型ETF(TOPIX型)を703億円×4日=2,812億円、合計2,860億円のETF購入。日銀によるETF購入は年間6兆円の予定に対し10/12までに、およそ4兆6,814億円となっています。(日銀のサイトより。

10月1週の投資家の動き↓

10月1週の投資家の動き、そうだったのか、意外高!?

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国での販売不振を織り込む、株価!? 大中華圏=グレーターチャイナ(一般的に中国本土、香港…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る