本の紹介

『株式投資の未来』(ジェレミー・シーゲル著)は明るい!?

更新日:

株式投資の未来



株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
株式投資を考えた場合に、誰が売った株を買
ってくれるかという、とても大きなテーマです。

具体的な視点でとらえると、

高齢化が進む日本では、大量のリタイア世代
に公的年金の支給のために株式で運用した、
長期の資金は売却は換金して、年金支給に

あてなければなりません。将来のために
備えて運用していた株式を使ったファンド
(投資信託)や個人年金なども当然、いずれ

売却、換金の運命にあります。つまり

高齢化

年金支給の増加

公的年金、ファンド
個人年金からの株式
等の資産売却

株式の下落

というシナリオを考えてしまうのも当然と
いえば、当然でしょうか?

しかし、

日本国内だけではそうかもしれま
せんが、投資環境は、オンラインでつな
がり、見事にグローバル化しています。

先進国の多くが、人口減少、高齢化という
問題に直面する、一方、新興国や発展途上
国では、今後も爆発的に人口が増え続け、

若い働き手によって、これまで先進国で行
われてきた、消費や経済活動が繰り返され、

同じように資産運用や投資が行われると
みるのは、楽観的すぎるでしょうか?

インドや中国以外の国でも

「・・世界の若者世代には、先進国の退職
世代のために、モノを生産し、資産を買い取る
力がある。世界人口の80%以上にとって、

高齢化の波は存在しない。富裕国の高齢化
する人口を、途上国の労働者が支える図式
だ。ほんとうに成り立つだろか?

*いま現在の答えはノーだ。途上国は、人口
でみれば世界の80%以上を占めるが、世界
の生産高に占める比率は、ドルベースで、

4分の1に満たない。だがいま、なにか尋常
でないことが、こうした若く発展中の国々
で起こっている。

中国に続いてインドも、史上初めて、急成長
が持続する時期に入った。両国の成長は、
このまま過去10年間ペースを持続できれば

両国にとってはいうまでもなく、世界全体に
とってきわめて大きな意味を持つ」〜

『株式投資の未来』
永続する会社が本当の利益をもたらす〜
ジェレミー・シーゲル著/瑞穂のりこ訳
日経BP社


株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
若い、生産性をともなった、経済力を
背景に、新興国や途上国の国々の
人々が、

真面目で、繊細な技術力をもった
日本企業の株を、しかも安全で最新の
システムをほこる、

JPX(日本取引所グループ)で、取引が
おこなわれる日本株を、買ってくると
したら、日本の投資家の心配?は

取り越し苦労になってしまいますね。

 

-本の紹介
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.