信長の金融政策!?『経済で読み解く織田信長』〜上念 司

『経済で読み解く織田信長』上念 司
KKベストセラーズ

経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する

気がつくと、上念氏の「経済で読み解く・・」
シリーズはすべて本棚に並ぶことになって
いました。
(・・大東亜戦争、・・明治維新

日本の歴史上もっとも人気のあると人物と言って
もいい、織田信長。時代の先を読む、その感性と
多くの犠牲をはらってまでなし遂げようとした、

天下統一への思いに

我々日本人は、感銘を受けてきました。
時代劇や小説のなかの信長は、戦(いくさ)
を繰り返し、領土を拡大し、ついには、

天下人となっていった、荒々しい姿を我々に、
イメージさせますが、どんな経済政策で人民
のこころをとらえていたかは、大変興味深い
ところではないかと思います。

上念氏の「経済で読み解く織田信長」の
サブタイトルには、
『「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する 』
とあります。本の帯には、

・中世を終わらせた英雄・信長を何と戦ったのか?
ー日明貿易から室町幕府の経済政策、寺社勢力の金融
ビジネスまで、室町・戦国の世を”経済的視点”で描くー

目次より

第一部 中世の「金融政策」と「景気」
第1章 明の景気が日本経済を左右した時代
・「マネーストック」と「景気」の関係
・室町時代の「経済キーパーソン」は”寺社勢力”
・なぜ貨幣を輸入頼っていたのか

第四部 信長は何を変えたのか?
第7章 信長の本当の業績
・信長は「創業者」タイプ。秀吉、家康は「経営者」
タイプ
・「リスク」と「リターン」を計算して行動していた
信長

第8章 信長の活躍が日本を救った!
・信長は本当に宗教を弾圧したのか
・「倭寇」は、当時のグローバルスタンダード
・信長の金融政策

など、およそ、時代劇に出てくるような、信長とは
かけ離れた、人物像が描かれていると思います。

デフレが悪で、

金融政策がとても、重要なものである
ことを織田信長から、学んだような気がします。

経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る