黒田日銀総裁の続投をのぞむ、市場関係者とマーケット。

日銀の総裁人事に注目が集まっています。

「黒田の後は、黒田」と本命は、
黒田総裁の再任。

安倍首相が掲げる、

アベノミクスの根幹を支える、
日銀の超緩和策を実行してきた

リーダーですので、
安倍政権との相性はバッチリ!?

至上命題でもある、
「消費物価2%」の達成には、遠い
ですが、冷静に

黒田総裁のこれまでの、仕事ぶりを
検証すると、

・雇用改善(43年ぶりの有効求人倍率)
・「いざなぎ景気」を超えて、戦後2番目
景気拡大をサポート

・株価や不動産など資産価格の上昇に
貢献。

等、前政権時代の閉塞感を見事に
打ち破った、功労者のひとりといっても
いいくらいです。

黒田総裁を交代させる、理由がみつからな
ほど、再任の可能性は高いと思われます。

非伝統的金融政策が続き、さらに、

日経平均株価が、

23,000円近辺にあっても、

株式市場に影響力を持つ、ETF(上場投信)
購入を年間6兆円のペースで、続けてくれる

黒田日銀体制が

市場関係者にとっては、のぞましいことは
言うまでもありません。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る