海外投資家の売りに、対抗するのは?②日銀のETFを通じての日本株買いなのか?

ヘッジファンド vs 日銀

2014年10月、日銀が行なった「量的
・質的金融緩和」の拡大は、ETF
(株価指数連動型上場投信)の保有残
高を年間約3兆円とするものでした。

さらに、

増加のペースは2016年の7月には年間
約6兆までに増えることになります。

日銀による、ETFの購入は

2012年末1.5兆円
2013年末2.5兆円(1.0兆円)
2014年末3.8兆円(1.3兆円)
2015年末6.9兆円(3.1兆円)
2016年末11.2兆円(4.2兆円)
*()内は、増加分

その結果今年、2017年末までには、
17.1兆円(6.0兆円)に、増加する
見込みです。

日銀のウェブサイトから計算すると

今年はすでに7月末までに、およそ3.4
兆円ほど購入。8月もすでに、

購入額は約4,500億円ほど
になっています。

北朝鮮のミサイルや、円高等で不安定
な動きが続く、東京株式市場で、

先物をからめて利益確定を急ぐ、
海外投資家、なかでもヘッジファンド
の売りと、

日銀によるETFを通じての日本株買い
がぶつかり合っているような
イメージです。

日銀のETF関連記事はこちら↓
日銀が買ったETFは儲かっているのか?

2017年株式市場前半を振り返る。
日銀のETF買いは正解!?⑤日本株編

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る