日本企業の生きる道。①輸出

アジアの力を、なめてはいけない

日本の株式市場は、常に為替の影響を受けています。それは、日本
を代表する企業が、輸出によって売上を伸ばしているからです。円
高は、海外での売上をおとし、円安は逆に追い風になります。

それでも、厳しい円高の時代をのりきり、日本企業の体力は多少の
円高には負けない、強いものになっています。輸出が伸びることで
トヨタやキャノンなどの世界的企業はもちろんのこと、それに関連
するメーカーまで日本企業、そして日本経済全体が底上げされてい
ることは、紛れもない事実です。

財務省等の統計によると、2015年10月〜昨年11月までに14カ月連続
で前年比マイナス。それが、昨年の12月からプラスに転じ(前年比)
3月まで4カ月連続になったそうです。3月の貿易統計(前年比)で

特に、アジア向けの輸出が、米国+3.5%、EU(欧州連合)+1.4%
と伸び悩むなか、プラス16.3%になったとしています。アジアの国別
では、韓国+29%と大きく伸び、中国+16.4%、ASEAN(東南アジア
諸国連合)+15.1%、台湾+12%、といずれも二桁増で続いています。

輸出品目では、自動車部品や一般機械、電気機器をおさえ、レンズ
やカメラ、内視鏡、顕微鏡、複写機、液晶向け装置などハイテク機器
・部材がトップを占めています。

韓国のサムスン、台湾の鴻海精密工業(ホンハイ)などのアジアの巨
大ハイテクメーカーがスマートフォンなど(GalaxyやiPhone等)製造
のために、電子部品や他のハイテク製品、部材を、さらには、半導体
製造装置や有機EL製造装置といったものを、高い技術力をもつ、日本
のメーカーに求めてきているのです。

まさしく、アジアの中の日本。アジア経済の発展を日本が支え、ア
ジアによって日本企業が売上を伸ばしている姿が見えます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る