アクティブ型ファンドvsインデックスファンド、どっちがいいの?

アクティブという言葉は、魅力。けれど・・

投資信託(略して投信、ファンドとも言い
ます。)には、株式を投資対象とするもの
と債券をおもに運用するものなど、まず

アセット(資産)ごとに分けられます。

株式型のファンドの場合は、さらに、
運用の方法によって、アクティブ運用

とインデックス運用(パッシブ運用)に
大別されます。

アクティブ運用とは、市場全体の動きと
同じ運用成果(そこが受け身的で受動的
のパッシブとも呼ばれます)を目指す、

インデックス運用とはちがい、


市場平均を上回る運用成果
を狙うことを
言います。

アクティブ運用では、運用担当者が会社
訪問などをして、各企業の調査・分析をし

ます。それだけ手間(コスト)がかかるた
め、インデックス運用をするファンドに

比べ、購入時の手数料や信託報酬が
1%前後高い傾向にあります。

過去の運用成果でみても、市場平均を上
回っているアクティブ運用のファンドは

わずかですので、運用実績を確認し、
その上で、コスト(信託報酬等)が

妥当かどうかみて、購入を検討すること
が大切だと思います。

ファンドの選択に対しては、

シンプルでわかりやすい、低コストを

目安に考えてみるのが、株式を投資対象
とする、資産運用のキモになります。

そこで、候補にあがってくるのが、
株価指数に連動する

インデックスファンドであり、
ETF(上場型投信)になります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る