東京市場(3日)は、続落。NAFTA交渉を不安視。

3日の東京市場

9/3(終値)先週末比/31日
日経平均株価22,707.38円▼157.77円(▼0.69%)
TOPIX(東証株価指数) 1,720.31▼15.04(▼0.87%)
JPX日経平均40015,212.85▼119.32(▼0.78%)
売買代金(東証一部)1.80兆円2.40兆円
10年国債利回り0.1100.115

NAFTA交渉を持ち越しを、懸念

3日の東京株式市場、主要3指数は続落。期待されていた、米国とカナダによるNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の合意が持ち越しとなり、再び米通商政策に対する懸念が高まりました。また、中国、上海市場が軟調に推移したことも嫌気されていたようです。米国市場は、3日レイバーデー(Labor Day 労働の日)のため休場となります。

当面は、
米国・カナダのNAFTA(北米自由貿易協定)の再協議や米国の対中国2,000億ドル追加関税、中国上海市場、人民元の動向、国内では自民党総裁選後の政局などが注目されます。

関連記事はこちら↓

8月4週の動き、海外投資家の先物主導のマーケット。売買代金は低迷。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る