東京市場(25日)、地合い強く、売買代金は連日の3兆円超え。

 25日の東京市場

9/25(終値)21日比/21日
日経平均株価23,940.26円+70.33円(+0.29%)
TOPIX(東証株価指数) 1,822.44+18.42(+1.02%)
JPX日経平均40016,133.79+147.02(+0.92%)
売買代金(東証一部)3.38兆円3.96兆円
10年国債利回り0.1400.128

売買代金は、3兆円を超え

連休明けの25日東京株式市場、主要3指数は、いずれも7営業日続伸。東証1部の売買代金も3兆円を超え、引き続き東京マーケットの地合いの強さを示していました。「安倍首相の3選を手がかりに、海外投資家が積極的に買ってきているようだ」と市場関係者。米国と中国の制裁関税の応酬合戦は想定の範囲内であり、円安に支えられた好調な企業業績を期待する投資家の買いも入っているようです。

ただ、日経平均でみても、この7営業日で、1,300円以上上昇し、過熱感があることも確かであり、米FOMCや日米首脳会談等の重要イベントを控え、明日以降は神経質な動きになる可能性も考えておいたほうが良いかもしれません。

3連休前先週末(21日)の東京市場↓

東京市場(21日)、幅広い銘柄に買い。海外投資家、動く!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る