東京市場(11日)は、続伸。値がさ株が、日経平均を押し上げる。

値がさ株のおかげ

11日の東京株式市場、主要3指数はいずれも続伸。特に、日経平均は、300円近くの値上がりとなりました。前日の米国ナスダック指数の堅調な動きや円安に支えられ、値がさ株が上昇し、日経平均を押し上げました。ファーストリテイリング(9983)とソフトバンクグループ(9984)が2%上昇、この2銘柄で日経平均を約75円押し上げています。

ただ、一方で医薬品株などディフェンシブセクターが選好されているところをみると、米中貿易摩擦への懸念は消えていないと考れられ、2兆円そこそこの売買代金もそれを証明していると思います。

10日の米国市場↓

米国市場(10日)ダウは続落。貿易戦争の影響がアップルにも!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る