東京市場(10日)は反発するも、不安材料が・・・

10日の東京市場

9/10(終値)前週末/7日
日経平均株価22,373.09円+66.03円(+0.30%)
TOPIX(東証株価指数) 1,687.61+3.30(+0.20%)
JPX日経平均40014,921.53+28.47(+0.19%)
売買代金(東証一部)1.87兆円2.26兆円
10年国債利回り0.1160.116

トランプ大統領、強硬姿勢崩さず!

10日、週明けの東京株式市場は反発。日経平均株価で、22,000円前半の水準は、買いが入りやすいレベルと市場関係者。ただ、売買代金の2兆円割れが示すように、トランプ大統領による対中国製品へのさらなる、制裁関税発言など米中貿易摩擦への懸念が、依然残ったままでは積極的に買い上がることにはならないと思われます。

インバウンド(訪日外国人)への影響を不安。シワ改善クリームの資生堂が下落

個別では、台風(21号)や北海道の大規模地震の影響で、訪日外国人向けにビジネスを展開する企業の株に売りが出ていました。化粧品販売の落ち込みが、不安視され、資生堂が、7,532.0円(▼144円/▼1.88%)と値を下げていました。

先週末の株式市場の動き↓

9月5日〜7日の日米市場。下落の始まり!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る