東京株式市場(5日)、続落。米9月雇用統計と3連休控え

 5日の東京市場

10/5(終値)4日比/4日
日経平均株価23,783.72円▼191.90円(▼0.80%)
TOPIX(東証株価指数) 1,792.65▼8.54(▼0.47%)
JPX日経平均40015,883.20▼71.46(▼0.45%)
売買代金(東証一部)2.77兆円3.10兆円
10年国債利回り0.1570.137

米9月雇用統計と3連休控え

5日の東京市場は、3日続落。前日の米国市場の大幅下落を受け、朝方から売りが先行。下げ幅を縮小する場面もありましたが、米雇用統計を控え、また、3連休前ということもあり、取引終了にかけて利益確定の売りにおされたかたちとなりました。

日経平均は、今週、週初1日月曜日に、1月23日のバブル崩壊後高値を26年10か月ぶりに上回り、さらに、2日の取引時間中に年初来高値を更新した(24,448.07円まで)あとは、過熱感から3日〜5日の3日間は、連続100円以上下げるという、忙しい?展開でした。

スピード調整で終われるか?

スピード調整と捉えるべきか、下落傾向となるのか、ポイントとなるのは、やはり米国市場の動き。米国時間5日に発表されます、9月の雇用統計(予想 非農業部門雇用者数(前月比)+18万5千人、失業率3.8%)のうち特に、平均時給(予想 前年比2.8%増)。この数字が、予想を上回るようだと、インフレ加速への警戒感から、金利上昇へと繋がり、米国株式市場の波乱要因となるかもしれません。いずれにしても、雇用統計に注目が集まります。

4日の米国市場↓

米国市場(4日)は、大幅に下落。金利上昇が圧迫、FAANGも安い

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る