東京株式市場(30日)は、大幅反発。上海市場の落ち着きでひと安心!?

 30日の東京市場

10/30(終値)29日比/29日
日経平均株価21,457.29円+307.49円(+1.45%)
TOPIX(東証株価指数) 1,611.46+21.90(+1.38%)
JPX日経平均40014,277.74+179.56(+1.27%)
売買代金(東証一部)4.04兆円2.50兆円
10年国債利回り0.1100.115

米中貿易摩擦問題の進展、期待

30日の東京株式市場、主要3指数はいずれも、4日ぶりの大幅反発。朝方は、米国株安の流れを受け売りが先行しましたが、日経平均で21,000円維持できたことや、中国上海市場が堅調な動きとなったことから、日経平均指数先物に買いが入り、それに引っ張られるように、現物株も値上がりとなりました。

国内企業決算はそれほど悪くない

国内企業でも中間決算等の発表がスタートし、特に先行き見通しに一喜一憂する状況にありますが、今日のマーケットでは、決算内容をポジティブに捉え、また不安定要因である、米中貿易摩擦に関し、トランプ大統領が「素晴らしい取引」を見込んでいると述べたことが伝わり、明るいニュースとして受け入れられていました。一方で、

東証1部の売買代金は、久々の4兆円となり、年金資金をはじめ、長めの資金が買いを入れている可能性を指摘する、市場関係者もいました。

個別では、通期業績予想は、下方修正であったものの、特別配当の実施を発表した、ファナック(6954 日経平均採用銘柄)が続伸。株価は、18,520円(+605円/+3.38%)でした。

29日の米国市場↓

米国市場(29日)、ふたたび米中貿易摩擦を懸念

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る