東京市場(3日)日経平均は4日ぶりの反落。スピード調整か?

 3日の東京市場

10/3(終値)2日比/2日
日経平均株価24,110.96円▼159.66円(▼0.66%)
TOPIX(東証株価指数) 1,802.73▼21.30(▼1.17%)
JPX日経平均40015,985.47▼179.19(▼1.11%)
売買代金(東証一部)2.70兆円3.06兆円
10年国債利回り0.1370.139

スピード調整

3日の東京市場、主要3指数はいずれも値下がり。日経平均は、4日ぶりの反落。日本株の直近の急ピッチの上昇により過熱感があったところへ、ドル高、円安の流れが一服、そしてイタリアの財政問題への懸念から、対ドルでユーロが下落したことを受け、リスクオフムードが広がりました。日経平均はの下げ幅は一時200円を超えました。

「海外投資家の買い戻しを含む、買い余力は残っており、株高基調は変わらず、スピード調整の範囲だ」とする強気の見方がありました。

スルガ銀行に悪材料で出尽くし?

個別企業では、金融庁から、銀行法にもとづき一部業務停止命令が出されることがわかった、スルガ銀行(銘柄コード 8358)でしたが、(7/30には、1,000円を超える株価でした)悪材料で出尽くし?と受け止められ、650円 (+66円高/+11.3%)と急伸していました。

2日の米国市場↓

米国市場(2日)NYダウは、終値で史上最高値を更新!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る