東京株式市場(19日)は続落。米中株式市場を意識?

 19日の東京市場

10/19(終値)18日比/18日
日経平均株価22,532.08円▼126.08円(▼0.56%)
TOPIX(東証株価指数) 1,692.85▼11.79(▼0.69%)
JPX日経平均40015,001.71▼103.84(▼0.69%)
売買代金(東証一部)2.27兆円2.51兆円
10年国債利回り0.1530.147

中国上海市場の上昇で、下げ幅を縮小の東京。

19日の東京株式市場、日経平均株価は続落。前日米国株式市場の大幅安を受けて、売りが先行。400円以上も下げる局面も。

注目の中国国内総生産(GDP)は、市場予想を下回る、弱い内容でしたが、中国上海市場が中国規制当局の、景気支援策を打ち出したことで上昇し、日本株も午後からは、下げ幅を縮小していました。来週以降は、やはり、日米とも企業決算をにらんでの展開となることが予想されます。不安材料は、イタリア財政問題、サウジアラビアと米国の関係悪化、米金利上昇などがあげられます。

18日の米国市場↓

米国市場(18日)は下落。イタリアとサウジアラビアが心配!?

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る