トヨタは過去最高の純利益。核合意離脱の影響は限定的も、さえない東京株式市場(9日)

米国の核合意離脱の影響は、限定的?

9日の東京株式市場、日経平均株価は、
反落。
▼99.81円安い、
22,408.88円(▼0.44%)

22,500円台の高値水準への
警戒感の中、これまで買われていた銘柄の
利益確定の売りが優勢となり、終日マイナス
圏での動きとなっていました。

イラン核合意からの米国離脱の影響は、
円に対しても、株式市場にとっても限定的
ではありましたが、

今後の中東情勢を巡る原油相場の動きが、
国内の景気にどのように働くかと不安視する
市場関係者がいました。

また、

米国による、イランへの対経済制裁が米国経済
、米国株式市場をどう動かすのか、8日の米国
マーケットでは、まだ消化されていないので

今日の米国マーケットをみたいと、慎重な意見
もありました。

好決算企業の株は買われ、株式市場の地合いは
しっかりしているといえますが、
(本日の東証1部売買代金も3兆円近くに)

中東情勢が緊迫化せずに、短期間で好転する
ことがのぞまれます。

トヨタは過去最高の純利益

2018年3月期の決算で、過去最高の純利益と
3,000億円の自社株買いを(通常の取引時間
終了後ではなく取引時間中に)発表した、

トヨタ自動車(銘柄コード7203)は、
3%を超える上昇、売買代金もトップ。株価は
前日より、+269円高い
7,424円(+3.76%)

トヨタの決算内容ーー決算短信より

当期(2018年3月期)売上高/純利益
29兆3,795億円/2兆4,939億円
 ———————————————
来期(2019年3月)売上高/純利益
29兆円/2兆1,200億円

尚、トヨタでは、来期の為替の前提を
現時点で、通期平均
1ドル=105円、1ユーロ=130円
としています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る