東京株式市場、日経平均株価(31日)は3日ぶりの反発も、前日下落分を埋められず。

前日下落分を埋められず

31日の東京株式市場、日経平均株価は、
3日ぶりの反発。
昨日に比べ、+183.30円高の

22,201.82円(+0.83%)

イタリアの政局混迷で、荒れた昨日の
東京マーケットが、米国株式市場等の
上昇で投資家の不安心理を後退させ、
本日のマーケットの反発を支えました。

売られすぎの反動で、自動車、電機
など輸出関連に買い戻しから、
上げ幅が、一時200円を超えるところ

まで上昇するも、前日の下落分(339円)
を埋めるまでにはいたりませんでした。

イタリア政局の混迷が解消されたわけで
なく、米中の貿易問題やイラン制裁を

はじめとする、中東情勢の不透明など
外部環境はネガティブな、要因も多く

一進一退の売買が続きそうです。

指数銘柄入れ替え

本日の取引では、大引けにかけて
MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル
インターナショナル)指数

の銘柄入れ替えなどに伴うリバランス
がおこなわれ、東証1部の売買代金は、
4.4兆円と膨らんでいました。


関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る