日経平均株価(30日)は、大幅に下落。イタリア政局混迷からの株安連鎖!?

イタリア政局不安がきっかけ

30日の東京株式市場、日経平均株価は、
昨日に比べ、▼333.91円安の
22,018.52円

と大幅に続落。TOPIX(東証株価指数)は
8日続落。イタリア政局の混迷をきっかけと
する、欧州株安の流れを引き継いだカタチと
なりました。

22,000円を約1ヶ月半ぶりに割り込む、
一時は400円を超える値下がりをする場面があ
りました。

  後場からは、日銀による上場投資信託の
(ETF)買いへの期待で、下げ幅を少し縮めま
したが、

アジア市場(中国、香港、シンガポールなど)
の株安の連鎖から、戻りは限定的でした。

業種では、非鉄金属、保険、鉄鋼などの下落が
目立っていました。

個別企業では、「ポケモン」シリーズの新作
発表が好感された、

任天堂(証券コード 7974)
44,240円(+1,840円/+4.34%)

と大きく値を上げていました。

イタリアがつけば、なんでも売られる?

イタリア暫定首相に指名された、カルロ・
コレッタ氏の暫定内閣組閣も、主要政党
の支持を取り付けらず、

早ければ、7月29日にも再選挙が実施される
可能性が浮上しました。最大の懸念材料は、

再選挙が実施されれば、イタリアと欧州連合
(EU)との関係、特にEUの財政規律が主な
争点になり、さらには、

再選挙が、欧州連合(EU)とユーロに関す
る事実上の国民投票になるとの見方が広がり
ました。

2年前、英国が国民投票でEU離脱派が勝利し
たことが連想され、リスクオフ(株や
不安要素の多い国の債券を売って安全な資産へ)
の波がマーケットを駆け巡りました。

イタリア経済は、ユーロ圏3位のスケールを持ち
また、膨大な債務を抱えていることから、

あのギリシャ危機よりも、深刻なものになるの
ではという、流れのようです。

それまで、マイナス金利だった、イタリア2年国債が
売られ、プラス水準まで、金利が暴騰
(債券価格の下落)したり、

イタリアの株価指数も大きく値下がりしていました。↓


 引用元【イタリアFTSE MIB指数】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る