日経平均の今後の見通しを29日のマーケットで読む。円高懸念と・・

欧州株安・円高懸念

29日の東京株式市場、日経平均株価は、
前の日に比べ、▼122.66円安の

22,358.43円と3日ぶりに反発して
本日の取引を終えています。

イタリアやスペインの政局不安などを
嫌い、欧州主要株式が下落したことや

対ユーロや対ドルでの円高も、投資家心理を
不安にさせました。午前中に(ヘッジファンド?)
株価指数先物の売りに下げ幅を拡大する場面
(一時、▼240円安まで)もありましたが、

午後からは、日銀によるETF(上場型投資信託)
購入観測がひろがり、大引け(一日の終り)にかけ、
下げ渋る展開となりました。

次の目安、23,236円

23,000円を達成して以後、買いの主体が見当
たらず、ずるずると値をさげている日経平均ですが、

国内企業の業績をささえる、円安のシナリオが
対ドルばかりではなく、対ユーロでも崩れる
のであれば、次の目安である、23,236円を
超えるには、なにか、サプライズが必要だと
個人的にはみています。

日経平均の目安については、こちら↓

日経平均株価の次の目安は?⇒ 23,236円

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る