日経平均株価は様子見の小幅高(28日)

米国市場、休場前の様子見気分

週明け、28日の東京株式市場、日経平均は
先週末比+30.30円高の
22,481.09円(+0.13%)

と続伸。

米朝首脳会談の開催に向けての両国の動き
が明らかになり、北朝鮮リスクが遠のくと
の見方から、朝方から買いが先行。

日経平均は一時96円ほどまで値上がりする
場面がありましたが、28日の米国株式市場
が休場(Memorial Day)することなど、

売買代金(東証1部)が2兆円われ(1.81兆円)
が示すとおり、終日様子見気分のマーケットで
した。

原油価格下落で、空運株が値上がり

原油価格の下落で、資源関連の株が売られる
一方、
燃料コストの軽減が期待ができる、空運株が
上昇していました。

個別企業では、

日本航空、JAL(銘柄コード 9201)が
4,366円(+73円/+1.70%)

ANAホールディングス
(銘柄コード 9202)は
4,457円(+95円/+2.18%)

と値上がりしていました。

5月3週の海外投資家の動き。ショートカバーも限界か!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る