米朝首脳会談中止は織り込みずみも方向感がつかめない、東京株式市場(25日)

米朝会談中止は織り込みも、
方向感がつかめず

25日の東京株式市場、日経平均株価は
昨日に比べ、+13.78円高い、

22,450.79円(+0.06%)

4日ぶりの小幅反発。

ある証券関係者は、
「米中首脳会談が中止になるのは、ある程度
予想できたことで、市場は織り込み済み。
むしろ
米国による輸入関税25%のほうが、嫌な
ニュースだ。」

とする一方で、輸入関税実現は、
非現実的な話しと、複雑な投資家の心理を
代弁していました。

米朝首脳会談の今後の行方に、思惑が
交錯し、方向感が掴めないまま、今週の
取引を終えています。

東京マーケットは、日経平均株価の
23,000円の達成感?やネガティブニ
ュースの影響で下値メド(日経平均の)

が話題にのぼることが多くなっていま
すが、それだけ、リスクをとるには
材料が不足しているというあらわれ
でしょうか?

トヨタは5日連続の値下がり

米国の輸入関税が気になる、自動車株で
は、トヨタ自動車(証券コード 7203)
の株価は

7,115円(▼93円/▼1.29%)
と5日連続の値下がり。(13日からは
▼6%の下落)

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る